解体用語

かじ寅バール

「かじ寅」と言えば解体屋ならばみんな知っているバールメーカーである。

いや、ブランドと言っても過言ではないだろう。

ファッション界にヴィトンやロレックスがあるように

解体屋のバールは「かじ寅」なのである。

私は初めて「かじ寅」製造現場に立ち会った

工房では五代目かじ寅の勝山さんが丁寧に対応してくださった。

作業場には鍛冶屋さん特有の道具が並び、これからバールになるであろう材料が置かれてある

 

 

 

 

 

 

 

今回は少し太めのバールを求めにここへ来たが、自分愛用の「かじ寅」も曲がりを修正して頂く事にした

 

 

 

 

 

 

黙々と作業する五代目の姿はかっこ良い

 

 

 

 

 

 

最後には名前も入れていただき大満足

 

 

 

 

 

 

場所は小金井市中町1-9-31

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中