解体用語

手解体

近年は重機の高性能、小型化が進みほとんどは機械で壊すことができます

しかし、建物の建つ場所により手解体で行う場合があります。

重機を搬入する道幅が足りな。 

高低差があり、かつ、レッカーが据えられない。

または重機の入るスペースができるまでと、

いろいろな原因はあると思います

このような場合は手で壊すのですが、

とは言っても 素手で壊すわけではありませんよ、数種類の道具を用います。

基本的に一人一本自分に合ったバールを持っいてこれを上手に使いこなしているはずです

バールの扱い方で職人の腕がわかりますね、きけんです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中